このとき感情はいらない

できないことを認めること。

すべてはそこからかもしれない。